PCMAXで女性に会いたいと思わせるメール交換テクニック

女性に会いたいと思わせるメール交換テクニック

女性から返事をもらうのがPCMAXのゴールではありません。
せっかくメールがもらえたのに会えずじまいではもったいない!

このページでは、PCMAXで女性に会いたいと思わせるメール交換テクニックを紹介します。

メール交換で女性に嫌われやすいワードとは?

ほとんどの男性が、メール交換の目的は会う約束を取り付けることだと誤解しています。
焦りのあまり、かえって嫌われメールを送ってしまう人もいます。

つい送ってしまいがちなNGメールが2パターンあります。

ひとつは「もうポイントがなくなりそう」と連絡先の交換を焦る人。

返事をくれるくらいだから、相手も気があるはずというのは勘違いです。
メール交換の相手は、女性にとって知らない人と大差ありません。
知らない人にいきなりポイント云々言われても困惑するだけです。
そこで「えーそれは大変!なら、私のラインID教えるからそっちで話そ」とはならないので注意!

もうひとつは「会いたい」「いつ会える?」と急かしてしまう人。

もう◯通メールしたからなどと、メールの数で行動すると失敗します。
大手の出会いサイトでは連絡先交換をする時期の目安を1ヶ月とするところも多いです。
少ないやり取りで打ち解けられることもあれば、たくさんメールしても距離感が埋まらないこともあります。

中には「僕も◯◯好きなんです、今度一緒に◯◯に行きましょう」などと1通目から誘ってしまう人もいます。
直接、言葉で「いつ会える?」と聞いてなくても、女性にプレッシャーをかけてるという点では変わりません。
「仲良くなったら◯◯行こうね」なども同じです。

出会いは、がっついたら負け
大事なのは、心(とポイント)の余裕です。


女性に会いたいと思わせるメール交換テクニック

メール交換で大事なのは、相手に距離感を縮めてもらうことです。

ただし、距離感を縮めるのと、なれなれしくするのを間違えないで下さいね。
自分から踏み込むのではなく、相手にひとつずつ警戒を解いてもらえば自然と距離は縮まります。

女性との距離感を縮めるメール交換テクニックを公開します。

女性の話を聞く
自分で話すのではなく、相手に話をさせるイメージでメールしましょう。
ちゃんとメール見て理解してますよと伝わるメッセージに、共感なり賛同の気持ちをプラスして送りましょう。

返信しやすいメールを送る
思いついたままのメールを送るのではなく、もらった側が返信しやすい内容かどうか確認してみましょう。
返信に困るようなメッセージは送らないこと。
相手の話をぶった切ったり勝手に話題を変えると、切られます。

答えに困れば、女性は悩まずにメールを切ります。
考える時間をかけるほど、まだ親しくなってないからです。

距離感を合わせる
気持ちを押し付けたり早く会いたいとプレッシャーをかけるのは逆効果です。

程よい距離感を作るカンタンな方法は、メッセージの見た目を合わせること。
相手が短いメッセージなら短めのメッセージで、長めの文章がきたらいつもより長いコメントを返しましょう。
相手が顔文字を入れたら、顔文字を返す。
写真を送ってきたら、写真を送り返す。
おやすみメールがきたら、おやすみメールを送り返す。
メッセージを送る時間も自分の都合で送らずに、相手がメールしてくる時間帯に合わせましょう。

暇な時に気軽にメールされるくらいの距離感がベスト

ささいなことに思うかも知れませんが、こうした小さな工夫の積み重ねが女性に親近感を抱かせるポイントになります。

暇な時に気軽にメールされるくらいの距離感がベストです。
楽しいことがあったから話したい、愚痴を聞いて欲しい…など、世間話レベルのメールを数多く付き合っていくこと。

女性が「誰かと話したい」と思ったとき、真っ先にメールされる立ち位置を目指しましょう♪
気軽にメールできる男性ほど会えています。

☟ 今すぐPCMAXを無料で試してみる♪今すぐPCMAXに無料登録してサービスポイントで女性にメールしてみよう